在宅ワーク

フリーランスなら取引先は複数社に分けた方が良い理由。収入源を確保する方法

フリーランスや在宅ワーカーなら取引先は1社に絞らず複数社に分散するべきです。

なぜなら、わたしも取引先の1社が休業状態に陥ってしまいました。数千人を抱える大企業がですよ。

その間、当然ながら無給です。

しかしながら他社とのお取引や副業のおかげで収入はなんとかキープできています。

今回は現役フリーランスが、取引先は複数社に分けた方が良い理由や収入の補填の仕方を超赤裸々な経験を交えお伝えします。

また、フリーランスが在宅勤務で長期案件の安定収入を得るなら、クラウドテックがおすすめ。

休業補償や家事代行サービスなどが割引で利用できる福利厚生も充実していて安心です。

\簡単!30秒で登録できる!/ クラウドテックで在宅ワークを探すリモート可能な仕事も豊富!

フリーランスなら取引先は複数社に分けたほうが良い理由

収入源を分散することで取引が停止した場合のリスクを最小限におさえられる

1番の理由は、冒頭でも説明した通り収入源の分散化です。昨今のコロナ騒動で身を持って感じました。

コロナの影響で、多くのお店や企業で休業や廃業騒動が余儀なくされています。

会社員の場合は休業中でも給与の補償があったり、有給で補填できます。

しかし、当然ながらフリーランスは有給や給与の補償などの手当てはありません。
休業で業務がストップするということは無給を意味します。

また、フリーランスは派遣よりも手軽な非正規のようなもの。

人員削減となった場合は真っ先に切られる対象となるので、取引事態が終了してしまう危険性があります。

こんな時、1社としか取引をしていないフリーランスは非常にリスキーです。すぐに詰みますね。

複数社と平行に業務を進め、収入を分散することで最低限の損害でおさえられます。

フリーランスは会社員に比べれば社会的信用が低く、福利厚生で不利などデメリットもあり、収入の保証のない不安定な職業です。

ですが、実は会社員よりも臨機応変な働き方ができて、今回のコロナ騒動のような非常事態時でも会社員より乗り越えやすいんですよ。

だって、会社員なら基本副業は禁止。

それでいて会社が倒産したらそれで終わりって、恐ろしくないですか…。

雇用形態に問わず、「これだけは誰にも負けない!」という「自分の資産」をつくることが大切なんです。



取引先ごとの様々な業務経験が新規の顧客確保にもつながる

フリーランスとして世渡り上手になるには、スピード感と広く浅い知識や経験、ここだけは負けないという強みが必要です。

わたしの職業はウェブデザイナーですが、「ウェブデザイナー」というくくりがあっても、企業によって扱う内容や仕事の進め方は全く異なります。

この、会社ごとに違う仕事内容というのが非常に大切で、のちのち資産になるんです。

1社だけの取引だとその会社しか見えませんが、3社と取引していたら3通りの経験が身につきますよね。

例えば、A社とB社それぞれで「LINEで配信する自社サービスのバナー画像をつくる」というタスクがあったとします。

一見すると同じ業務に感じますが、業務の進行法によって経験値が以下のように変わります。

A社の指示内容

バナー画像の概要のみがまとめられた資料を渡される。(配置する写真や文章、色などの指定のみといったイメージ)

 

得られる経験

自分でサービスの背景を調べたり尋ねたりして最適なデザインに落とし込む「ヒアリング」力が身につく。

B社の指示内容

概要は画像のサイズなど最低限の情報のみで自由に作れる。自社サービスの企画段階の資料も用意してくれる。

 

得られる経験

豊富な資料からコンセプトを汲み取った上での意外性のある提案ができる。社外秘のサービスを提供するまでの一連の資料まで見られる。

 

いかがでしょうか。
A社とB社、ぜんぜん違いますね。

一見、フリーダムにつくれるB社は雑な指示のように見えますが、ガチガチにかたまっているように見えるA社でも指示自体がイマイチで、ヒアリングを怠り指示通りのイマイチなできで作っても、あとで大修正を食らってしまうことになってしまいます。

そうやって、「バナー画像をつくる」という直接の仕事以外の知識や経験が蓄積されていきます。

そうした広い視野や様々な経験値を持っておいた方が、新しいお客さまと取引するときも最善策をスピーディーに提案できるんですよ。

「経験値=手段」という勝負カードが増えれば増えるほど、お客さまの要望により柔軟に対応でき、新しい仕事のご縁につながりやすいのです。



確実に複数社から収入源を確保する方法

手っ取り早く複数社から収入源を得る1番安全な方法は、仲介サイトを利用してリモート作業が可能な会社を探すことです。

おすすめが、クラウドテックです。

「クラウドテック」でフルリモート(完全在宅勤務)・長期案件の仕事を探そう

クラウドテックとは、業務委託で働きたいデザイナーやエンジニア向けの求人サービスです。

運営会社は、クラウドソーシングで有名なクラウドワークスを運営しているクラウドワークス社。

業界大手なので安心です。

クラウドテックは、会員登録しなくても検索欄が利用できるので、どんな会社にエントリーできるかがすぐわかります。

検索欄にて「フルリモート(完全在宅勤務)」や「稼働日数」「長期案件」などかなり細かくお仕事を絞り込むことができるんですよ。

また、クラウドテックはサポートが手厚いので初心者でも気軽に利用できますよ。

クラウドテックの特長

ベビーシッター、家事代行サービス割引利用など福利厚生が充実
病気やケガ(精神疾患を含む)で業務が停止した場合の給付金がある
ひとりひとりに専任サポーターがついてアドバイスをしてくれる
支払いが早い!翌月15日振り込み

専任のサポーターがいるなら、フリーランスとして初めて活動する場合でも肩肘はらずに気軽に相談できますよね。

また、万が一業務ができなくなった場合の給付金があるのはとても心強い!

クラウドテックで週2・週3でリモートOKな会社と契約しつつ、その他のスキマ時間でクラウドワークスなど軽い案件をこなしていくのがおすすめです。

ぴよこ
ぴよこ
クラウドテックなら初めてフリーランスで仕事をする場合でも安心して安定収入を得られるね。

\簡単!30秒で登録できる!/ クラウドテックで在宅ワークを探すリモート可能な仕事も豊富!

収入源を増やすなら副業ブログもおすすめ

また、収入源のひとつに副業ブログもおすすめします。

実は、当ブログも先月(2020年4月)の収益は12万円でした。

12万ってかなりまとまった額ですよね!

どんなことをすればブログで稼げるようになるのかは追って記事にしますが、月収3桁万円を誇るクニトミさんのブログの以下の記事が参考になりますよ。

ブログ運営ってすんごく骨が折れる地道な作業の繰り返しですが、ある程度軌道にのってくると全然更新しなくても過去の記事が勝手にお金を稼いでくれるので、いざという時にはかなり心強い収入源なのです。

それに、ブログには、会社員ではなかなか達成できないような収益を叩きだせるという夢があります。

クニトミさんのように、本業でフルタイムで働きながら、ブログを運営してものすごい額を稼ぐ方もゴロゴロいる世界なんですよ!

ぴよこ
ぴよこ
ぴよこも月3ケタ万円目指してて積み上げます!

それでは今回はこのへんで。


ぴよこ
ぴよこ
記事が参考になればうれしいです!ブログ情報はツイッターでつぶやき中。ぴよこ(@0piyoko0)をぜひフォローしてね!